Aki SIE

サポートサービス

コンピュータに不安はありませんか?

IT企業であれば当然に多くの人員はコンピュータにある程度以上通じており、中には相当に精通した人もいるでしょう。

しかし、そうでない企業はコンピュータに精通していることを重視した人員を抱えていることはあまりありません。コンピュータを使う方であってもトラブルには対応しきれない、あるいはコンピュータが使える方自体いない、そんな企業様も多いのではないでしょうか。

社内でのITの問題に対応する役割を「社内SE」と呼ぶことがあります。業務においてコンピュータを使うことが前提となっている場合、中規模以上の企業様であれば社内SEを置いている企業様も多いことでしょう。しかしながら、特別にコンピュータに「詳しい」人が業務上必要でない企業様ですと、通常業務に必要とは思えない技術に対して高い賃金を払って人材を確保しておく、ということは抵抗があるのではないでしょうか。

しかし悲しいかな、コンピュータというのは常に人の願いどおりに動くわけではなく、思わぬことは起きるものです。といって、そのような人材を確保しておくこともできず、あぁ困った時だけお金を出せばいい達人がいれば…ということにもなるものでしょう。

そう、それがAki SIEです。「社内SEの外注」が実現できます。もちろん、年がら年中トラブルに襲われいたり、コンピュータに対する要求が山のように生じるのでなければ、社内SEを雇うよりははるかにローコストでしょう。まして、Aki SIEの技術力を考えれば、雇えば高給取りの技術者を、極めて低価格で抱えておくことができます。しかも、面倒な問題に関与せずに

強力な対応範囲

通常、サポートサービスといっても、その範囲は自社製品の使用における部分のみか、指示した使用の範囲か、日常的な利用の維持のみか、あるいは元々指定された使用の範囲か、いずれにせよ限定的です。それは当然であり、限定しなければどんな問題を振られるかもわかりませんし、並大抵の技術では実現できず、コストにも見合いません。

しかし、Aki SIEにはその技術があります。社内SEであれば、限定されたサポートのみを提供するのではなく、(技術的限界や現実性から実現できないことがあるにしても)どのようなことでも頼める便利で頼りになる存在だからこそ、「内部のサポート人材」をわざわざ持つのでしょう。

「社内SEの外注」であるからこそ、どのようなことでも頼める、無茶ぶりであれ、実現可能がどうかを度外視したものであれ、とにかく頼むことはでき、それに対してできるかぎりのこと、最善の方法、代わりの方法などを提案することも含めて「なんとかする」、そして日常的に頼んでいることで事情を理解し、気軽に頼めて、攻めの改善もできる、そういう「社内SEの魅力」を実現できるようなサービスにしております。しかも、そうして仕事をした分の費用だけで。

たとえはどんなことを

コンピュータの不調

もっとも思い浮かびやすいのがこの状況でしょう。

単に故障した、動かないといっただけではありません。動きが遅くなったり、重くなったりするストレスのたまる状況かもしれません。今まででなかった恐ろしいエラーかもしれません。

あるいはインターネットにつながりにくいとかつながらないとかかもしれません。シャットダウンしたはずが再起動されるのかもしれません。

こうした問題のご相談はもちろん、対応しています。

使い方、実現方法

「いつも同じこと」でいられれば良いのですが、何かうまくいかない、ちょっと違うことをしたい、あるいは新しいことをしたいとか、新しいものを加えたいとか、そういった作業にたいして「うまくいかない、やり方がわからない」という困惑はよくあるものです。それは、本当にできるはずの、ちょっとしたことなのかもしれませんし、実は現状では実現できない、特別な作業が必要なことなのかもしれません。

しかし、それは「わからない」状態で悩むことでそうそう判明するものではありません。悩んでいる間に時間は過ぎていくことでしょう。

「これはどうしたらいい?」と訊いてしまえばあっという間に解決する、少なくともどういう選択肢があるかは判明するでしょう。はるかに時間の節約になり、しかも普通に悩んでいただけでは思いもよらぬ、はるかによい解決方法が示されるかもしれません。

こういうものは、早く訊いてしまうのが何よりです。

こんなことできないかな

コンピュータでどれだけのことができるか、というのはコンピュータに対する造詣が問われる部分です。コンピュータがあっても、使えていなければ、何にどうやって活用するのか、どういうことができるのかといったことがあまり浮かびません。

しかし、日常の業務において様々な(おそらくはそういうものだと気にしないようにしている)不満があることでしょう。

それを拾い上げることができたとしても、ITによって解決しようと考えるところまではなかなか至らないのではないでしょうか。

もしそれができた時には?どこに頼めばいいのでしょう?何を頼めばいいのでしょう?それは面倒で大変な作業であり、多くの場合後回しにして結局はやらずじまいになるものです。社内SEがいたならば、「ちょっとこんなことできない?」と声をかけるだけのことなのに。

Aki SIEを使えば、社内SEに声をかけることと同様、「ちょっとこんなことできない?」というだけで済みます。

解決方法なんてわからない、そんな時は価値がないのか?

いいえ、そんなことはありません。「こうだったらいいのに」「これが面倒」「ここをなんとかしたい」そんなことをAki SIEにお伝えいただけば良いのです。それが解決可能な場合には解決方法をご提案します。こまめに伝えるとインシデント消費、インシデント料金が心配ですか?大丈夫、Aki SIEのサポートサービスにはインシデント料金が発生せず、月間インシデント数を消費しないフェザーインシデントを用意しております。お伝えいただいたことにご回答し、それ以上のことがない場合にはフェザーインシデント扱いとなり料金等への影響がありません。日頃からお気軽にご相談いただき、もっと気軽に不満をお伝えいただくことができます。

さらに、「では作りましょう」となった場合にも、サポートサービスをご契約いただくことでコンサルティング料金が割引となり、元々多くの場合驚異的に安価で納期も短いAki SIEの開発サービスが、より気軽に利用できるようになっております。提案をお気に入りいただいた場合、「じゃ、それやろう!」の気持ちをスムーズに実現につなげることができます。

ウェブサイト(ホームページ)を作りたい、更新したい

Aki SIEにはウェブサイト制作サービスがあります。これは、社内SEに社のウェブサイトを任せている企業と同じシステムがとれることを意味します。

サポートサービスとは別のサービスではありますが、当然ながらすでにご契約のサポート契約と緊密に連携したサービスがご提供可能です。

件数が余ったら?福利厚生にも使えるITサービス

Aki SIEのサポートサービスは個人様のものも展開しております。その利点を活かし、「企業様・団体様のご契約で、所属する個人様がサポートサービスを利用可能」という特徴があります。

これは、例えば月額契約方式で5件を契約した場合、月に5件あるにもかかわらず、3件しか利用していなければ、2件残っていても繰り越すことはできません。こうした「もったいない」を解消するために、同一の契約で所属する方が個人のサポートサービスとしてご利用いただけるものです。

このサービスは、サービス利用の有無だけでなく、そのサービスを利用可能な方、そのサービスの利用にあたって決裁可能な方をご指定いただくことができます。例えば、「個人サービスの利用は正社員全員、その際には社長決裁が必要」といったご指定が可能です。

折角のご契約の無駄をなくし、活用できるほか、社員向けの福利厚生サービスとしてもご利用になれます。

なお、個人として利用がはじめての方の場合、カルテ作成料金としてレベル3インシデントが発生します。

いっそ丸投げ

社内SEもおらず、IT化もされていない、何をどうしていいかわからないけれどもとにかくITを導入したいとお考えですか?

Aki SIEはIT全体のアウトソーシングが可能です。これは御社のIT部門として機能するものです。サポートサービス、開発サービスなどの組み合わせによって、総合的なITサポートとして機能します。

要望を受けて動くだけではなく、実際に業務を観察・研究し、効果的な方法を積極的に提案します。現場の声を反映し、ITによって形にしていくことでビジネスを加速させます。

スポットでのご利用について

契約のない方が契約しないまま、故障などのトラブルに対応することにつきましては、ご要望は多いのですが、お受けしておりません。

それを実現するためには契約外の方の割増料金が必要となりますが、それよりは年間契約いただくほうが安いためです。ご理解のほどお願い致します。

サポート方法

メール

最もシンプルで強力なサポート方法です。基本はこちらとなります。応答は2営業日以内を心がけております。

お電話

お客様からのお電話でのお問い合わせは、通常のお問い合わせ同様にご希望の時間帯等をおうかがいし、それに合わせる形となります。特に指定がない場合は、2営業日以内の折り返しを心がけております。

また、内容的にメールでのサポートが難しい場合に、より対話的なサポートとしてお電話を提案させていただく場合がございます。この場合は、メール等でご提案の上、打ち合わせで決定した日時におかけいたします。

Twitter

Twitterのリプライ(公開)及びDM(非公開)に対応しております。サポートサービスご利用の方に対する応答は2営業日以内を心がけております。

なお、リプライによる解決はフェザーインシデントか、月額契約方式においてはレベル1以下に限定させていただきます。それ以上の場合はDM、メール等をご利用ください。

Skype

サポートサービスご契約のお客様のみご利用可能な窓口です。チャット・通話両方に対応しております。

ただし、いずれも応答可能な場合のみのご対応となります。チャットにつきましてはチャットとして機能しない場合でも3営業日以内に応答を返すよう心がけております。

出張(オプション)

付き添いサービスを行う場合、トラブルシューティングで現地での診断が必要な場合などに出張がご利用いただけます。

出張サポートはオプションであり、別料金となります。

お急ぎの場合

留守番電話にお急ぎの旨と、連絡可能なお時間をご連絡ください。そのお時間までに間に合えば、速やかにご連絡差し上げます。

この場合、十分な調査やご確認ができず、迅速な対応が可能である一方、サポートレベルが通常よりも上がる可能性があります。ご注意ください。

契約と料金

選べるふたつの契約方式

月額契約方式

契約の期間単位は6ヶ月ごとですが、料金は月額で発生します。

この月額には、その一ヶ月分の基礎インシデント料金が含まれます。もし、基本的なインシデントのみの対応であった場合、その月に追加の料金は発生しません。

月額料金は対応範囲と月の最大インシデント数で決まります。

月の利用インシデント数が最大インシデント数に満たない場合でも減額、あるいは持ち越しはできません。一方、最大インシデント数を越えて利用したい場合は増額された基礎インシデント料金がかかります。

常にサポートを活用して確実に進めたい、いつでも相談できる状態にしておきたい、積極的にサポートを活用してスキル向上につなげたい、といった方に適しています。

年額契約方式よりも優先して対応されるため、より確実にサポートをご利用になることができます。

年額契約方式

年間の契約料金をお支払いいただき、インシデントごとに料金をお支払いいただく方式です。

優先度は下がるものの月間・年間のインシデント数に明確な制限はなく、使わなければ基本料金しか発生しないため、月額契約方式と比べて柔軟で使いやすいものとなっています。

相談が発生するかわからない、あるいはある特定のタイミングで集中的に発生するといった方、いざという時のために契約しておきたい、という方はこちらがおすすめです。

スポット利用ご希望の場合について

コンピュータが動作しない、インターネットが疎通しないなど、問題が発生してからお問い合わせいただくことがございます。

Aki SIEのお仕事は信頼関係が重要なお仕事でございます。また、あなたの使われ方や、どうしたことをお望みかといったことが重要な判断材料となります。そのため、その場のみの対応は難しいと言わざるをえません。

そのため、スポット利用をご希望の場合でも、サポート契約を必須とさせていただいております。将来的な見込みがないのでしたら、年額契約方式をご選択いただくことで非契約者割増感覚でご利用いただけるため、そちらをおすすめしております。

フェザーインシデント

折り返しのご連絡、あるいは5分以内のお電話で解決するような軽微なインシデントをフェザーインシデントと呼んでいます。

このように「簡単に解決した」場合に、お客様にとってそれが喜びでなく憂いを帯びてしまわないよう、Aki SIEでは「フェザーインシデントではインシデントを消費しない」というシステムとなっております。年額契約方式の場合、追加の料金発生がありません。

また、フェザーインシデントによりよりお気軽にご相談いただけるかと存じます。

インシデント料金リミット

ご契約時にインシデント料金が想定以上に高額となることを避けるため、上限額に達した時にお知らせし、その料金内でできる範囲のことをして中止するか、上限を越えて対応するかをお選びいただけるシステムです。

ご契約時に基準となるリミットを記載いただき、ご申告がない場合そのリミット到達時にお知らせします。また、インシデントごとにご申告いただければそれに合わせたリミットでお知らせします(フェザーインシデントをリミットとすることも可能です)。

リミットが設定されない場合、インシデント料金の上限はコンサルティング料金に準じます。

また、サポートサービスの範疇を越え、システム構築サービスや家庭教師サービスのご利用が適切とご案内する場合、ご契約いただければインシデント料金はそのサービスの料金として吸収されます。例えば50000円のインシデント料金が発生した状態で家庭教師サービスとして10万円分ご利用いただいた場合、当該インシデント料金は0となり、家庭教師サービス料金が10万円となります。

カルテ作成料金

所属されている方のサポートサービス利用の場合、その方が最初に利用される場合においてカルテ作成が必要となり、料金が発生致します。

このカルテ作成は1インシデント(レベル3)の取り扱いとなりますが、月額契約方式においてインシデント数の消費が許容できない場合は、これを年額契約方式における同レベルのインシデントと同料金のお支払いによってインシデントを消費せずにカルテを作成することができます。

個人事業主の方の場合は、事業で契約いただいた場合、利用されている環境が事業の環境と完全に共有されているのであれば個人としてのカルテ作成は必要ありません。違うコンピュータや違うシステム環境を利用しているといった場合にはカルテ作成が必要となります。また、同一のコンピュータであっても利用方法に大きな差異がある場合はカルテ作成が必要となります。

月額契約方式に含まれる基礎インシデントのレベル

レベル3までが基礎インシデントとして含まれています。レベル4以上のインシデントには追加料金が発生します。

年額契約方式の場合、レベル1から料金が発生します。

お支払について

お支払いは月ごととなります。月末締めで翌月請求書を発行致しますので、一ヶ月以内にお支払いください。

お支払い方法は銀行振込のみの対応となっております。

コンサルティング料金の相殺

サポートサービスをご利用の上、コンサルティングが必要なご相談をされた場合、レベル5(特定コンサルティングの場合)またはレベル7(総合コンサルティングの場合)のインシデントとして取り扱います。

1インシデントを消費するものの、ご契約いただきましたサービスのうちコンサルティング部分はサポートサービスでまかなうことができます。

これは通常のコンサルティング料金よりも低価格であり、サポートサービスをご利用いただくことでよりお得にご利用いただけます。

料金表

サポート基本料金表(年額契約方式)
サポート​範囲 お支払い (年間) 契約​単位 最低​契約​期間
通常 25000円 1年 1年
技術的 40000円 1年 1年
高度に​技術的 80000円 1年 1年
ミッション​クリティカル 240000円 1年 3年
サポート基本料金表(月額契約方式)
月​あたりの​最大​件数 サポート​範囲 お支払い (月間) 契約​単位 最低​契約​期間
1件 通常 5000円 6ヶ月 1年
2件 通常 15000円 6ヶ月 1年
3件 通常 25000円 6ヶ月 1年
4件 通常 30000円 6ヶ月 1年
5件 通常 35000円 6ヶ月 1年
1件 技術的 10000円 6ヶ月 1年
2件 技術的 20000円 6ヶ月 1年
3件 技術的 30000円 6ヶ月 1年
4件 技術的 35000円 6ヶ月 1年
5件 技術的 40000円 6ヶ月 1年
1件 高度に​技術的 40000円 6ヶ月 1年
2件 高度に​技術的 50000円 6ヶ月 1年
3件 高度に​技術的 60000円 6ヶ月 1年
4件 高度に​技術的 70000円 6ヶ月 1年
5件 高度に​技術的 80000円 6ヶ月 1年
1件 ミッション​クリティカル 60000円 3ヶ月 3年
2件 ミッション​クリティカル 90000円 3ヶ月 3年
3件 ミッション​クリティカル 120000円 3ヶ月 3年
サポート追加料金表
レベル 月額契約方式 年額契約方式
フェザー 0円 0円
1 0円 1000円
2 0円 2000円
3 0円 4000円
4 2000円 6000円
5 4000円 10000円
6 8000円 20000円
7 20000円 40000円
8 40000円 80000円
9 80000円 160000円
10 160000円 320000円

サポートレベルの参考

レベル 適用となる目安
フェザー メールまたはTwitterのDMにおいて​2往復以内、Twitterのリプライにおいて​5往復以内、お電話/Skype通話で​5分以内、Skype Chatで​10分以内
1 フェザーをこえるもの
2 メールまたはTwitterのDMにおいて​5往復超、お電話/Skype通話で​15分超、Skype Chatで​20分超
3 メールまたはTwitterのDMにおいて​10往復超、お電話/Skype通話で​30分超、Skype Chatで​30分超
4 メールまたはTwitterのDMにおいて​15往復超、お電話/Skype通話で​45分超、Skype Chatで​1時間超
5 メールまたはTwitterのDMにおいて​20往復超、お電話/Skype通話で​1時間超, 調査が必要な​トラブルシューティング
6 メールまたはTwitterのDMにおいて​25往復超かつ​インシデントオープンから1週間以上、お電話/Skype通話/Skype Chatで​3時間超
7 お電話/Skype通話/Skype Chatで​2回以上で​累計3時間超​もしくは連続で​5時間超6時間以内(連続上限), 出張サポート
8 お電話/Skype通話/Skype Chatで​2回以上で累計6時間超, 2回の出張サポート
9 お電話/Skype通話/Skype Chatで​2回以上で累計10時間超, 4回の出張サポート
10 お電話/Skype通話/Skype Chatで​2回以上で累計14時間超, 7回の出張サポート
  • サポート範囲「通常」におけるものです。高レベルのものは各レベルにより多くの時間が確保されています。
  • 目安としては調査作業が必要なものはレベル5、出張作業が必要なものはレベル7が適用されるようになっております。
Fullsized Image